ピル 買い方

ピルの買い方を教えてください。

 

基本は病院で処方してもらいます。

 

低容量ピルは医師の処方せんがないと買うことができないので、ピルが必要なときには病院(婦人科)に行き診察を受ける必要があります。

 

また病院によって、ピルの処方は取り扱っていなかったり処方すること自体は出来ても知識を持つ医師がいなかったりすることがあるので注意が必要です。

 

ピルも医薬品なので人によって副作用が出てしまうことがあります。そうした時にすぐに対応ができるようにきちんとした知識を持つ医師がいる病院を選ぶことはとても大切です。

 

今はネットでその病院のHPや口コミを簡単に調べられるので、自分が安心して処方を受けられる病院を探すといいと思います。

 

また、事前に電話しておいて、費用など確認しておいたらいいと思います。

 

ピルの費用は基本的には保険適用外

 

ピルの処方にかかる費用は基本的には全て保険適用外になり自費で支払いをする必要があります。

 

しかし病院に行く時には保険証は持って行った方がいいと思います。なぜなら場合によって検査の一部が保険適用になったりピルを処方するために行った検査で別の病気が見つかったりすることがあるからです。その病気の治療は保険適用になるので保険証が必要になります。

 

また、病気の治療のためにピルを処方してもらう場合は保険が適用になる場合があります。

 

例えば、酷い生理痛の治療のために処方の場合とかです。医師と相談してください。

 

ピルの選び方、飲み方、副作用など、医師の指導に従ってください。

 

病院では問診を受けたり検査を行ったりします。ピルは正しく飲み続けないと効果がないので開始のタイミングなどは医師の指示に必ず従うようにします。また低用量ピルにもたくさんの種類がありますが人によって合う合わないがあるのでどのピルを飲むかきちんと医師と相談した方がいいです。他にも飲み方や副作用の説明も病院でしてくれますがピルの種類によって飲み方が多少異なるので医師の説明はきちんと聞くようにしましょう。

 

海外からの個人輸入でもピルを買うことができます。

 

基本的に日本でピルを購入する際には、上記のように医師の処方を受けることが必要ですが、それ以外にピルを入手する方法があります。

 

その方法はピルを海外から個人輸入するというものです。

 

個人輸入をする場合はまずネットで取り扱っる医薬品の通販サイトを探し、そのサイトを通して注文するのが一番簡単です。

 

しかし前述の通り、体質によって合わないピルがあったり副作用の心配があったりするのでピルを飲むのが初めての場合は必ず医師の診察を受けることをオススメします。

 

個人輸入の代行サイトを探す場合、運営者情報や運営履歴、サイトの口コミなどを確認して、信頼できる個人輸入代行サイトをお探しください。

 

 

 

 

 

ピルの買い方一口メモ

 

×